事業資金の工面のためにファクタリングをする際に注意したいことは?


実績のある仲介業者にサポートをお願いしよう

ファクタリングは、未回収の売掛金を現金化して事業資金を確保する方法の一つとして、全国の様々な業種の企業の間で定着しつつあります。特に、一度に高額な売掛金を回収するには、余計な費用を最小限に抑えるため、手数料が安い仲介業者を探すことが大切です。また、現金化ができる売掛金の種類については、それぞれの仲介会社の方針や事業内容によって大きく事情が異なります。そのため、早いうちからファクタリングの実績のある会社の対応事例をしっかりと比較することがおすすめです。また、初めてファクタリングを行ううえで、現金化の流れについて詳しく知るために、法人を対象としたサポートがしっかりとしている仲介業者の相談窓口を積極的に利用しましょう。

現金が振り込まれるまでの期間について調べておこう

安心して取引ができるファクタリング業者を選ぶにあたって、業者ごとの売掛金を売却した後に現金が振り込まれるまでの期間についてしっかりと把握することが大切です。中でも、すぐにまとまった金額の事業資金を確保したい場合には、数日以内に振込手続きをしてくれる業者を選ぶと良いでしょう。最近では、ファクタリングの具体的な内容について、公式サイトなどで法人に向けて詳しく記載している業者も多くあります。そこで、ファクタリング後のトラブルを未然に防ぐため、余裕を持って複数の業者のサポートの良し悪しについて判断することが大事です。その他、少しでも時間に余裕があれば、気になる業者にファクタリングの手段を使って事業資金を得るメリットについて質問をしてみると良いでしょう。

2社間ファクタリングは、サービス提供者とサービス申込者のみで契約が結ばれるので、売掛先に売掛金を売却したことを知られることはありません。